自作用テンプレートの使い方(psd版)

LINEスタンプ 自作用テンプレートの使い方説明です(psd版)。

透過やトリミングに慣れていない方向けです。
手順がイメージできる人は、多分読まなくていいです。

使用ソフト:SAI

①使いたいテンプレートを開く



②「描画用」レイヤにスタンプを描く



間違って、「お題表示用」レイヤに描かないよう注意して下さい。
お題の字が絵に入ってしまいます。
作業中は「お題表示用」レイヤを非表示にすると良いかも。

修正する時は「消しゴム」を使います。
白色で塗り潰してしまうと、透過した時、白が残ってしまいます。




描けました。

なお、切る前に「別名で保存」しておきましょう。
複数スタンプを切り分ける場合、
途中でうっかり「上書き保存」してしまうと悲惨です。


③「範囲選択用」レイヤを選び、

 切り分けたいワクを「魔法の杖」ツールで選択。





ポイントは「アンチエイリアスのチェックを外す」こと。
チェックしたままだと、選択領域が枠に食い込んだりします。

普通だとここで「矩形選択」を使いますが、
ドラッグで幅を合わせたりするのが地味に面倒です。
このやり方ならクリック一発。


④キャンバス→選択領域の大きさで切り抜く



黒線の内側が規定サイズ(370×320px)になっているので、
これでトリミング完了です。


⑤「お題表示用」レイヤを非表示 or 削除


上に被っている「こんにちは」を消しておきます。

⑥透過pngとして保存


ファイル→キャンバスを別名で保存 とクリックし……


PNG形式で保存。
すると下のダイアログが出て来るので……


「32bpp ARGB(不透明度あり)」を選択。
これだけで透過pngが作れます。

「不透明度あり」だと不透明になりそうに感じるのは私だけでしょうか。
一枚絵イラストだと、透過を使う機会があまりないので、
慣れないユーザーもいるのではないでしょうか。

⑦透過できているかチェック


スクトップに置くと透明部分が透けるので、
簡単にチェックできます(Windows7の場合)。



以上でスタンプ1個分のデータが完成です!
慣れれば割とモリモリ作れるので、是非ご活用ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿